日ごろから自分に自信を持つ

自分に自信がある人はどのくらいいらっしゃるでしょうか。
おそらくかなり少ないのではないかと思います。
自分に自信をもつなんて、うぬぼれているみたいでおかしいと感じる方もいらっしゃるでしょう。

もちろん、過度な自信を持つのはどうかと思いますが、自分にまったく自信がないというのは考えものです。
自分に自信がもてないと、転職時の面接においても不必要におどおどしてしまい、自分の本質を先方に伝えることができなくなってしまいます。
ある程度の自信というのは、自分が自分らしくあるためにとても大切です。

とはいえ、すぐに自分に自信が持てるようになるというのは難しいですよね。
できるだけ早めに、小さな小さな自信を持てるように行動を起こすことで、少しずつですが自分らしさを十分にアピールできる人間になれますので、ぜひ取り組んでみましょう。

自分に自信をつけて転職に臨みたかったTさんは、転職を考え出してから実際に転職活動を始めるまでの3ヶ月間、前々から気になっていた簿記の資格を取るために、スクールに通ったそうです。
今までは通信教育などにチャレンジしてもすぐに挫折してしまっていましたが、今回は無欠席の上に自宅での予習や復習もしっかりと行い、見事簿記検定2級を取得されました。

これがTさんにとって大きな自信につながり、転職活動じも堂々と面接に臨み、数社に応募して本命の会社から内定をいただくことができたそうです。
資格試験に合格したはもちろんですが、スクールに最後までしっかりと通うことができたというのも、大きな自信につながりました。
勉強も楽しくなってきたとのことで、今は簿記検定の1級試験の勉強中だそうです。

決して大きなことをしなければならないわけではありません。
例えば、1ヶ月間会社帰りは一駅手前の駅で降りて、歩いて自宅まで帰ってみる。
小さなことではありますが、仕事で疲れているのにウォーキングまでするのは楽なことではないですよね。
しっかり1ヶ月間続けられたら、ほんの少しでも、「自分はやり遂げることができる」という自信につながるのではないでしょうか。

ほかにも、週に1冊は本を読むとか、小さな努力を期間限定で続けてみます。
期間を設けないと途中で挫折しやすくなり、ますます自信喪失してしまうということになりかねませんので、無理のない期間を設定するのがポイントです。
努力をすることで精神的にも強くなり、転職活動以外にも生活が良い方向に向いていることを実感できると思います。