保育関係の仕事がしたい

保育関連の仕事は意外に多い

保育関係の仕事として真っ先に上がってくるのは何といっても幼稚園などで働く保育士でしょう。
しかし、保育関連のお仕事というのは保育士以外にも様々なものがあります。

例えば、児童館で働く児童厚生員と呼ばれるお仕事や、企業内保育と呼ばれる、企業が社員のために開設した保育園で働く形態もあります。

保育業界には予想以上に様々なお仕事がありますが、保育士の資格を持っていればさらに優遇される可能性が上がります。

ですので保育関係の仕事に就きたいと考えている人はまずは保育士の資格の取得を目標にしてみてはいかがでしょうか。

保育資格を取得するためには

保育士の資格を取得するには保育士試験に合格しなければなりません。
また保育士試験には受験資格の規定があり受験資格に当てはまらない人は試験を受けることが出来ません。

受験資格の詳細についてはこちらをご参照ください。

保育士試験は実技試験も含まれるため、社会人が個人的に学習して合格するのは簡単な事ではありません。
ただし昨今は少しでも多くの方に保育士として働いてもらえるためにハードルは徐々に緩和されていくことが予想されています。
その緩和策の一つとしておこなわれているのが「地域限定保育士」という試験制度です。
地域限定保育士とは、特定の地域内では保育士として働く事ができ、数年勤務した後は全国で働けるようになるという制度です。

特に待機児童の問題が深刻となっていた神奈川県においてはこの「地域限定保育士」を全国に先駆けていち早く実施しました。

今後は全国規模でこの制度が広まっていくと考えられ、保育士試験を受けるハードルは徐々に下がっていくことでしょう。

保育士試験に無事合格し無事保育士免許を取得したら次は求人活動を行わなくてはなりません。
最近は保育士不足解消のために保育園などの施設と行政が一丸となって様々な取り組みを行っているおかげで、保育関連の求人数はかなり増えているため求人倍率はかなり高くなっています。

保育の専門求人サイトなどを見てみると特に東京などの人口が多い地域では福利厚生が充実している職場が増えてきていることが分かります。
ですのでこういった働きやすさにも注目して職場を探すこともおすすめします。
例えば家賃補助や交通費はもちろんのこと、社宅制度や残業の有無についてもしっかりと確認しておく必要があるでしょう。

その上で自分にあった保育のお仕事に就けるように後悔のない選択をしましょう。