妥協をしすぎない

バブル時代や景気が良かったころから比べると、今は非常に転職が難しくなってきているように思います。
今よりもスキルアップをしたい、ベースアップを図りたいという気持ちで転職活動を行っても、前職よりも転職後のほうがサラリーがアップしたという方は全体の中でもかなり少ないのではないでしょうか。

それどころか、採用してくれる企業自体が少なかったりして、最初は2、3社応募すればすぐに転職が決まると思っていたのに、気づけば20社以上の企業に応募していた、転職エージェントにたくさん登録しているのに1年経過しても転職先がまだ決まっていない……という方もいらっしゃるようです。

そのうち、当初はスキルアップをや収入アップのために転職活動をしていたはずが、「採用してもらえればどこでもよい」という気持ちになり、いざ転職が決まったときには前職よりもかなり低条件で転職することになってしまった、という方も少なくありません。
ぜひそのようなことがないように、転職で妥協をしすぎないように意識していただきたいと思います。

転職をされた方で、転職先に100%満足をしているかというヒアリングをしたときに、「100%満足している」という方が意外と少ないことに驚きます。
転職しても収入が上がらなかった、という方が多いのはもちろんですが、若干収入が上がっても残業時間が増えていたり、人間観会があまりよくないなど、どこかに不満を持っている方が多いのです。
100%満足できる転職というのは難しいかもしれませんが、せめて「転職してよかった」と思えるようでないと、転職した意味がありませんよね。

転職活動を続けていると、当初の目的としていたものが見えにくくなってしまうことがあります。
エージェントに相談しても、「厳しい時代なので……」といわれると、そうなのかなと妥協をしてしまうこともあるでしょう。
しかし、妥協をしてよくない条件の企業に転職をするなら、しないほうがよいのかもしれませんよ。
転職活動に疲れてしまっても、そこで麻痺してしまうことなく、自分の意思をしっかりと確保しておくことを忘れないで。

くじけそうになってしまったときは、転職に成功した知人のお話を聞いたり、自分のスキルに見合った転職はどういった分野になるかということを見なおしてみるとよいと思います。
成功者の話を聞けば励みになりますし、自分があまりにも高望みをしているのではないかということを確認することも必要です。
なかなかうまくいかないときは、リセットしたり、リフレッシュをしながら、納得のできる転職に成功するように努力していきましょう。