どの会社に応募すればいいかわからなくなってしまった。

みなさんは転職活動をする中で、今後どんなキャリアプランを描くのか、そしてどういった業界や会社に入ればいいのかわからなくなってしまったことはありませんか?

今あなたが行っている仕事が専門職のようなもので、会社を変えても引き続きそのノウハウを生かせるようなものであれば会社を選ぶだけでいいかもしれませんが、今あなたが従事している業務とは全く異なる仕事へ転職したいという希望があるのであればそれなりの覚悟をする必要があります。

転職をする場合、転職先の会社には中途採用という形で入るため、やはり求められるものは即戦力となります。これまでの経験を活かした活躍をしてくれる人を、企業は欲しがるでしょう。そのため中途入社であれば全くの未経験は滅多な事がないと採用に至らないでしょう。

ちょっと世知辛い話かもしれませんが、転職活動は年齢が上がっていくにしたがって非常に難しくなります。やはり若い人材、これから伸びしろがある人材を欲しがるのは世の常でしょう。はやり企業は人によって支えられ、成長するものなので、これは致し方ない事です。

未経験でも中途で採用されるのは20代までだと考えていたほうがよいでしょう。30代になると未経験での中途採用は非常に難しくなります。

みなさんは転職しようとする会社の情報をどう入手しているでしょうか。転職サイトで紹介されている会社情報だけでは見えないことがたくさんあります。やはり情報を常に入手する癖をつける必要があります。自分が所属している業界と同じ業界に転職を希望しているのであれば、どんな会社が力があるのか、その力は今だけなのか、継続性があるのか、転職前にしっかりと見極めておかないと、転職するまでは業績が良かったのですが、転職してから業績が落ち込み、せっかくの転職が水の泡になってしまうというケースはゼロではないと思います。

転職サイトの会社情報に合わせ、会社情報の確認用に四季報なども照らしあわせてみるといいでしょう。また人に聞いたりサイトの会社比較サイトなで確認するのもひとつの手だと考えます。

どの会社に転職していいかわからなくなってしまった場合、新聞から情報収集するのもひとつの手段ではないでしょうか。新聞はさまざまな分野のニュースが取り上げられています。そういった情報のなかから自分が進みたい道をさがしだすのもいいかもしれませんね。

一生に何十回もすることではありませんから、しっかりと見定める力をつけましょう。